10000ピースプロジェクト

今、世界中の海で問題になっている『海洋プラスチックゴミ』

私も旅をしていていろんな砂浜に行きましたが、大抵どこの砂浜でも波打ち際には必ずと言っていいほどたくさんあります。

浜辺で波打ち際にゴミが一列に並んでいる様子がわかります。(沖縄県久米島)

ゴミはいくら拾っても次から次へと流れつきます。だから「拾っても意味がない」そう思う方もいると思います。

特に5mm以下のプラスチック、『マイクロプラスチック』は細かくて拾うのも難しい。数も多くて拾いきれない!

実際、全ての浜からマイクロプラスチックを拾い切ることは難しいかもしれません。

「それでも何かできることを!」そんな思いから生まれた『10000ピースプロジェクト』

砂浜の好きな場所に1ピース(1㎡)を決めて、その中だけは小さなマイクロプラスチックも拾い尽くそう!そして、みんなで10000ピースを目指そう!というプロジェクトです。

これは湘南でオリーブをこよなく愛する高田さんが始めた取り組み。
次のようなステップで誰でも気軽に参加できます!

 

【参加方法】
①ざる、紐(1mごとに印をつけておくとわかりやすい)、拾ったプラスチックを入れる入れ物を用意してビーチへ向かう。

※ざるは100円ショップでも売っています!目が粗すぎると細かいプラまで落ちてしまうのでご注意を。

②好きな場所に1ピース(1㎡)を決めたら、砂をふるいにかけながらひたすらプラを取り除く。

#10000ピースプロジェクト をつけてインスタグラムフェイスブックに投稿!

 

実際に茅ヶ崎のビーチでやってみると。。。

たった1㎡だけでこんなにたくさんのプラスチックが!!

 

高田さん自身、「10000ピースプロジェクトで日本中のマイクロプラスチックが取り切れるとは思っていない。」そうおっしゃっていました。

それでも拾ったら拾った分だけ浜辺からプラスチックを取り除くことができる。拾い浜辺でただ漠然とたくさん拾おうと思うよりも、枠を決めてこの中のプラスチックだけは拾い切ろうと目標を決める方がやる気が湧きやすいのではないでしょうか。

「環境のために何かしたいけど、何をしたら良いかわからない」と感じる人にとっても、枠を決めることでわかりやすく始めやすくなると思います。

そして、このプロジェクトに参加することが、環境のことを考える第一歩につながれば、拾ったプラスチックの量よりも、さらに大きな力が生み出せると思います。

10000ピースプロジェクト公式Facebook

 

ブログランキング参加中です!
よかったらポチッと押してください✨
ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENTS

タイトルとURLをコピーしました