25時間かけて沖縄へ!

鹿児島新港へ!

高速バスで博多から鹿児島港に着いた後、この3時間後に沖縄行きのフェリーが出るので鹿児島新港に直行します。

新港に近づいていくと、コンテナがたくさん!これから船旅だ〜という実感が湧いてきます。

 

沖縄行きフェリーに乗船

無事に沖縄行きのチケットをゲット!
今回は二等の鹿児島から沖縄までを利用し、14,880円でした。

船はこんな感じ。鹿児島から沖縄まで行く船となるとやっぱり大きい!

船内はこんな感じで航行中も自由に動き回ることができます。
共有スペースでは窓辺にテーブルと椅子が置いてあって、海を見ながらおしゃべりしたりとくつろぐことができます♪

そして、気になる甲板の上はこんな感じ。こちらも公開中自由に出入りすることができます!

今回は曇っていて夕焼けは見れませんでしたが、「船旅をしている!!」という実感が湧いてきて、私は甲板にいるのが好きでした。(潮風がすごく強い時もあるので、特に波が強い時なんかは、落としそうなものは甲板に持っていかないなど注意が必要です。)

今回私が泊まるのは女性用の二等(一番安い部屋)です!こんな感じでマットレス・毛布・枕が用意されています。コロナの影響なのかはわかりませんが、私が利用した時にはマットレスが交互に敷かれていたので隣との間隔もあり、いつもドミトリー泊の私にとっては結構快適に過ごせました!

※繁忙期でない限り普段は当日に行ってチケットを取ることもできますが、女性用の部屋は事前に予約が必要らしいので、女性用の部屋が良い場合には予約をお忘れなく。

そしてこれは船に乗ってから知ったのですが、なんと船の中にシャワー室までありました!25時間乗船するので、とてもありがたかったです。

出港してから2時間が過ぎた頃、マップを見てみると屋久島の近くまで来ていました。

船の中ではフリーWiFiを使うことができますが、なかなか安定せず落ちてしまうことが多いためスマホやパソコンを使うことはあきらめました。笑

代わりに、これからの沖縄での旅の予定を確認したり、ガラパゴスに行く時のためにスペイン語の勉強をしたり。ここ最近はずっと移動続きだったので久々にゆっくりできました。

 

船旅2日目

船旅は酔うと大変と聞いていたので心配していましたが、気分が悪くなることは一度もなく、夜もぐっすり眠れました。(私は基本的にどこでも寝られるタイプです笑)

朝9時ごろ、船が停泊し、徳之島の亀徳港到着したとのアナウンスが。

実は鹿児島から那覇に行くまでの間に、徳之島・沖永良部島・与論島・本部(沖縄)を経由して那覇港に着きます。そのため、各島に停泊し貨物の積み下ろしをします。

世論等に停泊していた時には港でお花が運ばれているのが見えました。

他の乗船されている方々も、停泊すると甲板に出てきてそれぞれの島を見物。(※どの島でも30分程度停泊しますが、船から降りることはできません。)

こうして島を経由しながら、乗船して25時間、遂に那覇港に到着!!

 

那覇での初日

那覇に着いたのは、19時を過ぎた頃だったのでこの日はそのまま宿に直行することに。ゆいレールにのって美栄橋へ。

今回泊まるのは、愛媛で出会った占い師に勧められた宿、その名も「月光荘(げっこうそう)」なんでも20〜30年前にできたそうでその占い師曰く、ゲストハウスの元祖、始まりの場所だそう。。月の光というその名前もなんだかとても気に入って訪ねることに。

古いと聞いていたのでワクワクしながらも、ちょっとドキドキしながら地図に沿って歩いていくと狭い路地の間からい良い雰囲気の灯が。

ここに間違いない。

疑うことなく進んでいくと、開放感あふれる建物が!!

なんと網戸も窓ガラスもない窓。もう長年ここに住んでいらっしゃるであろうおじさま方もちらほら。そのうちの一人の方が私が着くなり、「お客さん?!今日泊まる人?そっちで受付だよ!」と教えてくれます。

この灯にこの木造の建物。。私にとってドストライクな雰囲気の宿です。

さっそくチェックインを済ませ、部屋に案内されていくともうベッドも用意してありました。ここはちゃんと女子専用のドミトリーがあるので女性でも安心して泊まれます。

夜こそヤモリが出たり、とにかく蚊に刺されたりしますが。。
虫はへっちゃら!という同志の方には是非ともお勧めしたいお気に入りの宿です。

行ってみたい!という方は、こちらから詳細をチェックしてみてください♪

さて、ここからいよいよ沖縄での旅がスタートします!!
注目すべきはなんといっても「海」!!
次回からの投稿もお楽しみに♪

 

ブログランキング参加中です!
よかったらポチッと押してください✨
ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENTS

タイトルとURLをコピーしました