旅日記①出発!

〜出発!〜

2021年5月8日 朝4時に起きて電車で向かった、日本一周の旅の最初の目的地は・・・

神奈川県藤沢市の辻堂駅

 

こんな朝早くに一体何をしにきたかというと、

そう、ゴミ拾いです!

ここでは グリーンバード のイベントに参加して、集まった方々と一緒にゴミ拾いをしました。

グリーンバードって聞いたことがあるでしょうか?

グリーンバードとは、「きれいな街は、人の心もきれいにする」をコンセプトに誕生した原宿表参道発のプロジェクト。個人でも企業や団体でも参加でき、現在では日本各地、そして海外にもグリーンバードのゴミ拾いに参加できます!

今回のゴミ拾いイベントを主催された佐藤さんの言葉で印象的だったのは、「無理してゴミ拾いしなくていい。」ということ。もともと参加するつもりだったとしても、その日の朝疲れていたり、気分が乗らないときには無理して参加する必要はなくて、気が向いた時にやるので十分。
ゴミ拾いだって楽しんじゃおう!そんなポジティブでワクワクするような印象を受けました。

そしてゴミ拾いの醍醐味といえば、他の参加者さんとの交流

なぜ今日ゴミ拾いに参加することにしたのかという理由も人それぞれ。
毎日ゴミ拾いをしているという方もいれば初めての方もいます。

その日、その場で出会った人と環境トークできるのもゴミ拾いイベントならではの魅力。
自分の周りには環境問題に興味のある人はいないな、、と感じる人もゴミ拾いイベントに参加すれば同じような考えを持っている人と繋がれるかも。グリーンバードだけでなく、日本全国にはたくさんのゴミ拾いイベントがあるのでぜひ探して参加してみてください♪

 

〜浜辺を散策〜

お昼を食べたら、小田原の海岸へ移動。この辺りの海岸のゴミ状況を調査している3人の方に浜辺を案内していただきました。

歩いていると、ペットボトルなど日常生活で使うプラスチック製品が沢山ありました。

浜辺に落ちているプラスチックゴミの多くは日常生活で使われる食品容器などのプラスチック製品。例えポイ捨てをしていなくても、家庭ゴミの収集場所に集めたものがカラスに突かれてバラバラになり、風に飛ばされて川に流れ出てしまうことも充分に考えられます。
そうしてゴミが川岸の草木などに引っ掛かって溜まり、台風など大雨があると一気に海へ流れ出すのだそう。

私も学校の通学路にあるゴミの集積場でたくさんのゴミが積み上げられていて、カラスが突いてバラバラにゴミが散らばっている状況を目にすることがありました。自分の住んでいる地域ではなく解決するのは難しそうと思って何もできずにいましたが、やっぱりこういうところから人間の生み出したゴミが自然界に流れだすのだなと改めて感じました。

決められたルールをきちんと守って生活していても自然環境の破壊につながることをしている可能性は充分にある。「自分はゴミをポイ捨てしていないから大丈夫」ではなく、今の社会のシステム自体が環境によくないかもしれないということを頭の片隅に置いて、「誰々が言っていたから」「自治体で決められているから」と言い訳せず、本質的な問題に目を向けられるようになりたいと思いました。

ランキング参加中です!
よかったらポチッと押してください✨
ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENTS

タイトルとURLをコピーしました