広島県 牡蠣の養殖のプラごみ

前回の京都での旅の続き、今回夜行バスで着いた先は、、

広島です!
広島に来るのは人生で初めて。朝早くに着いてまず向かった先は、宮島

厳島神社の大鳥居が有名なところですが、私が行った時は残念ながら修理工事中でした。

鹿が人を怖がっていない

それでも朝から気持ちの良い天気で、島を散策することに。
早速フェリーを降りて海岸沿いを歩いていくと、、

たくさんの鹿が!

人のことを警戒している様子はなく、人馴れしているな〜と感じました。でも、奈良公園のように鹿せんべいが売っていたりする様子はないので、観光目的ではないのかな??と不思議に思いました。

後から調べてみると、宮島の鹿は観光用ではないとわかりました。また鹿と共生していく上で様々な課題があることがわかりました。観光客が鹿を可愛がりをやってしまうことで人馴れし、市街地に出てくる鹿が増えていて、庭や家の中に侵入されたり、ゴミを漁ったり、車やバイク、歩行者との接触など、人間と鹿の棲みわけができていないことから様々なトラブルが発生していると言います。

そして、これらのトラブルは住民にとっても迷惑なことですが、鹿にも大きな悪影響を及ぼしています。交通事故はもちろん鹿に怪我をさせることになりますし、観光客のお菓子を奪って食べプラスチックなど異物も誤飲してしまうこともあります。実際、事故死した成獣雄を解剖すると、胃の中から 3.2 kg(胃の約 3 分の 2 を占めていた。)を超える異物が確認されたとのデータもあります。

そのため宮島では、観光客に対して餌やりゴミのポイ捨てに関する注意喚起をするとともに、宮島の生態系を考慮した上で野生動物である鹿の保護管理に向けてモニタリング調査などを進めているようです。詳しくは宮島のある廿日市市のHPから閲覧できるこちらの資料に調査内容などが記載されています。

牡蠣の養殖に使うプラスチック製器具

鹿を横目で見ながらさらに海岸沿いを進んでいくと、道端に止まっている軽トラと、そのすぐ近くで何やら清掃をしている人を発見。

気になって近づいて行ってみると、二人のおじいさんが波打ち際に集まっている海藻を熊手で集めて回収していました。

その海藻の中をよくみると、円形短いパイプ状のプラスチック部品がたくさん。。
これは牡蠣の養殖に使われているプラスチック部品で、牡蠣の養殖が盛んな広島県の浜ではよく見られます。

掃除をされていた方にお話を聞くと、毎朝砂浜に打ち上がったゴミを海藻ごと集めているのだそう。集めたゴミは軽トラで運んで宮島内にある埋立地へ持っていくのだと言っていました。

牡蠣の養殖に使われるプラスチック部品は、以前私が美ら海プロジェクトで日本中からゴミを集めたときにも、広島をはじめ愛媛や山口、大分などこの辺りの地域一体から多く寄せられました。

また、宮島の他の砂浜に行っても様々なゴミが。こちらも同じく牡蠣の養殖に使われるパイプ状の部品。

カップ麺の容器や、

空き缶など、一般的な生活ゴミを見受けられます。
やはり、どこの地域の浜にもゴミが流れ着いています。

 

原爆ドーム

広島に来たのは人生で初めて。戦争についても学びたいという思いファあったため、宮島をあとにして原爆ドームを訪れました。

広島平和記念資料館でも数時間かけて展示を見て来ました。

戦争の話は言葉で聞いたり読んだりすることが多かったけれど、資料館にある写真や、実際に戦争で亡くなった子供達の衣服や身につけていたものを目にしたり、遺族の方のメッセージや悲しみに溢れるエピソードを読んでいるとショックが大きく、涙が止まりませんでした。今もこの地球上で命の奪い合いが起きているかと思うと本当に胸が痛いです。

 

他の浜にも。。

次の目的地へ行く前に他の浜にも行くことに。

天気も良く、とっても綺麗なビーチですが、、

やはりここにも牡蠣の養殖に使われるプラスチック部品がたくさん。

こんなに綺麗な海なのに。

海に少し入ってみると、今、この瞬間浜に向かって流れて来ているものを目撃。

安くて簡単に加工できる素材としてはとっても優秀なプラスチックは、私たちの生活を至る所で支えてくれています。しかし、環境への害があることがわかった今、私たちはプラスチックとの付き合い方を考え変えていかなければならなりません。

 

次の目的地へ

呉市の港に到着!今回の旅で初のフェリーに乗船します。

港でもフェリーの出発時刻を待っている間に細かなプラスチックたちが漂っているのを発見。ゴミらしきものを見つけると気になって見にいく癖があります。。このなっかにも、牡蠣の養殖のプラごみがありました。

海を眺めている間にフェリーの時間が来てついに乗船することに!

フェリーの上はこんな感じ。
上に出ているとちょっと暑いけれど、風を感じながらの移動がとっても気に入りました!

この度では、できるだけ環境に優しい移動をしたいという思いから、電車やバスなど公共交通機関を利用するようにしています。飛行機をなるべく利用しないのもその理由のひとつ。

もちろん、その機体ごとに乗客人数や運搬する荷物の量も違うので一概にどのくらいの差があるのかは調べていられませんが、少しでも環境に優しいっ洗濯をしていきたいと思っています。

次はどこへゆくでしょう?

 

ブログランキング参加中です!
よかったらポチッと押してください✨
ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENTS

タイトルとURLをコピーしました