ゴミからアクセサリー!

この日はネイリストの奈緒美さんのサロンにお伺いしました!

この2週間後くらいに奈緒美さんと一緒に2人でワークショップを開催する予定があり、打ち合わせも兼ねて海洋プラスチックゴミからイヤリングを作成しました。

 

まずはプラゴミを細かく切って枠に入れます。

 

その後熱を加えて固めます。

 

枠の周りのバリをとって樹脂でコーティング。

 

アクセサリー金具をつけて完成!

 

アクセサリーに込める想い

海洋プラスチックゴミを使ったアクセサリー作りには、新しい樹脂も使っています。
ゴミを増やしているだけじゃないか!と思う方もいると思います。

それでも私が海洋プラスチックのアクセサリーを作るのにはいくつか理由があります。

 

理由① プラスチックゴミ問題に関心を持ってもらう。

環境問題に興味を持つきっかけは人それぞれです。
私自身は本や図鑑がきっかけでしたが、実際、私の活動をきっかけに環境問題について考えるようになったという声もたくさん届いています。
アクセサリーというおしゃれで身近なものから環境問題について考えるきっかけ作りを目指しています。

 

理由② ものの価値を考えるきっかけに。
私の作るアクセサリーを見て「これがゴミだったとは思えない!」といっていただくことがあります。「ゴミ」かどうかはその人がゴミと思うかどうか。他の人には「ゴミ」に思えても、私にとってはインスピレーションを与えてくれる貴重な「材料」だったりします。

ゴミからこんなものができるのか!という気づきから、「ゴミって、ごみじゃないのかも!?」と考えてくれる人がいたら嬉しいなと思っています。

 

理由③ 環境トークのきっかけ作り。
環境問題は人の生活が原因で起こるもの。だからこそみんなで話し合ってより良い選択を積み重ねることが大切だと思います。でも、興味のない人に環境問題のことを突然話すのは難しかったりします。なかなか環境問題のことを切り出すタイミングも掴めなかったり。。

そんな時にプラスチックゴミを使って作ったアクセサリーは役立ちます。「それ可愛いね!」という一言から、「実はこれプラスチックゴミからできているんだ〜!」と話のきっかけ作りができます。

 

作りたくないという気持ちも。
それでも、私にもあまり作りたくないという想いも残ります。
せめて売れ残ったりするような不必要なものは作らないよう、完全オーダーメイドで作成しています。アクセサリーを販売して欲しいとのオーダーがあった時のみ、その人の要望をお聞きして好みに合ったものを作れるような仕組みにしています。

また、ワークショップで自分の手で「ゴミ」を新たなものに生まれ変わらせるという体験をすることは、とても意味のあることだと考えています。ワークショップ中に参加者同士で環境のことを話し合ったり、家に帰ってからも家族に話したり、作った作品をきっかけにそのまた周りの人にも伝わっていったり。

ゴミからアクセサリーを作ることは、アップサイクルをやって終わりではなく、その後のつながりを作るという面でも意味のあることだと考えています。

 

プラスチックゴミアクセサリーについて個人的に思うことを長々と書いてしまいましたが。。

今回はネイリストの奈緒美さんとのコラボ企画の打ち合わせでした!

このイベントの報告もまた後ほどブログにあげるのでお楽しみに♪

 

ブログランキング参加中です!
よかったらポチッと押してください✨
ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENTS

タイトルとURLをコピーしました